Belle II Document Server 17 records found  1 - 10next  jump to record: Search took 0.03 seconds. 
1. Measurement of characteristics of BSO and Pr doped LuAG scintillators (in Japanese):(日本語原題)BSOおよびPr添加LuAGシンチレーターの基礎特性の測定 / Tomoko Iwashita ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-033] Presented on 31 03 2010 MSc
2010
Nara Women's University / Nara
BSOおよびPr添加LuAGシンチレーターの発光量とその温度依存を測定し、BSOは純CsIと同程度、Pr添加LuAGは純CsIの5倍程度の発光量であること、温度係数はBSOが1℃あたり1%、Pr添加LuAGが1℃あたり0.5%であることがわかった。ガンマ線および中性子を照射する放射線損傷試験を行い、特にBSO はNatural Recovery終了後の光量は未照射の光量とほぼ同じで非常に放射線耐性が高いことが分かった。
Fulltext: Download fulltextPDF;
2. Study of large area avalanche photodiode readout for crystal calorimeters (in Japanese):(日本語原題)結晶カロリメーターにおける大面積アバランシェフォトダイオード読み出しの研究 / Natsuko Maeda ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-032] Presented on 08 03 2011 MSc
2011
Nara Women's University / Nara
大面積(1cm× 1cm) のAPD を高速の結晶シンチレーターの一つであるBSOと組み合わせるとチャンネルあたりの雑音レベルを0.4 MeVまで低減できることがわかった。ガンマ線、中性子をAPDに照射する放射線損傷試験を行い、Belle II実験の全期間に予想される被曝量で、ガンマ線の影響は問題にならないと見込まれること、中性子被曝は暗電流が約100倍に増加することがわかった。
Fulltext: Download fulltextPDF;
3. Study of the synchrotron radiation scattered at inner surface of the interaction point region beam pipe of the Belle II detector (in Japanese):(日本語原題)BelleII 検出器の衝突点ビームパイプ内面で散乱されたシンクロトロン光の振る舞いの検討 / Jun Murakami ; Kenkichi Miyabayashi ; Shuji Tanaka [BELLE2-MTHESIS-2022-031] Presented on 31 03 2012 MSc
2012
Nara Women's University / Nara
Belle II実験のビーム衝突点付近に用いるビープパイプは内面にシンクロトロン放射光の反射を防ぐリッジ構造を持つ。この表面におけるX線の反射率を測定し、オーダー1/10000であることがわかった。
Fulltext: Download fulltextPDF;
4. Performance study of APD readout crystal calorimeter (in Japanese):(日本語原題)結晶カロリメーターにおけるアバランシェフォトダイオード読み出しの特性の評価 / Akiko Hirayama ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-030] Presented on 08 02 2013 MSc
2013
Nara Women's University / Nara
APD を純CsI、BSO、BGOの3種の結晶シンチレーターと組み合わせた電磁カロリメーター用カウンターのプロトタイプの 性能テストを行い、特にBGOシンチレーターと1cm角の面積を持つAPDを組み合わせ、時定数100nsの波形整形回路で読み出すとチャンネルあたり雑音を0.22MeVまで低減できることがわかった。
Fulltext: Download fulltextPDF;
5. Study of Bhabha trigger condition at Belle II experiment (in Japanese):(日本語原題)Belle II 実験におけるBhabha散乱のトリガー条件の検討  / Chihiro Fukui ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-029] Presented on 05 02 2015 MSc
2015
Nara Women's University / Nara
ニ光子衝突による中性パイ中間子生成がBhabha散乱と誤認されてプリスケールされることによる検出効率の低下を防ぐトリガー条件について調べ、Belle実験で用いられていた電磁カロリメーターの情報のみを使用した場合はニ光子衝突による中性パイ中間子生成事象の45%がBhabha散乱と誤認されてしまうのに対し、トリガーセルと呼ばれるCsI(Tl)カウンター4×4本の束が検出したエネルギーが当該事象中で最高のものの反対側に荷電粒子の飛跡が検出されることをBhabha散乱と識別する条件とすることでBhabha散乱と誤認される確率を4.8%まで低減可能であることがわかった。
Fulltext: Download fulltextPDF;
6. Construction and cosmic ray test of the inner chamber for Belle II CDC and test of readout electronics performance for the specific ionization measurement (in Japanese):(日本語原題)Belle II実験用CDCのInner chamberの製作・宇宙線テストと読み出しエレクトロニクスのエネルギー損失分解能の性能評価 / Satsuki Minemura ; Kenkichi Miyabayashi ; Shoji Uno [BELLE2-MTHESIS-2022-028] Presented on 07 03 2014 MSc
2014
Nara Women's University / Nara
Belle II実験の中央飛跡検出器(CDC)のinner chamberを製作し宇宙線テストにより設計通り動作することを確認した。また、ガス中を荷電粒子が通過中のエネルギー損失を測定する信号読み出し電子回路の特性を評価し、要求性能を満たすことを確認した。
Fulltext: Download fulltextPDF;
7. Construction of the PIN-PD current monitor system for Belle II electromagnetic calorimeter (in Japanese):(日本語原題)Belle II 実験電磁カロリメーター用PIN-PD バイアス電源モニターシステムの構築 / Chiho Arai ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-027] Presented on 29 02 2016 MSc
2016
Nara Women's University / Nara
Belle II実験の電磁カロリメーターでCsI(Tl)シンチレーターの発光を読み出すPINフォトダイオードの電流値をモニターすることは、ビームバックグラウンドによる放射線被曝量を算出するデータとして重要である。逆バイアス電源とPINフォトダイオードの間に適切な抵抗を挿入してその電圧降下を測定するための低雑音・高入力インピーダンスの計測アンプを試作し、要求性能を満たすこと、計測アンプが出力する電圧信号をデータロガーでデジタル化するサイクルが動作中に電磁カロリメーターのCsI(Tl)カウンター信号に雑音の増加はないことを確認した。
Fulltext: Download fulltextPDF;
8. Measurement of beam background in phase-1 operation of SuperKEKB electron-positron collider (in Japanese):(日本語原題)SuperKEKB電子・陽電子衝突型加速器の第1期試験運転におけるビームバックグラウンド測定 / Sae Yokoyama ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-026] Presented on 08 03 2017 MSc
2017
Nara Women's University / Nara
SuperKEKB 加速器のビーム衝突点付近にシンチレーション検出器を2個設置して、2016 年2 月から6 月にかけて行われたPhase-1 試験運転で、電子ビームのみ電流値480 mAで蓄積して鉛直方向のビームサイズ50ミクロンに絞った状況ではタウ シェック散乱由来のバックグラウンドの割合が76.6±1.7 %であることを示した。
Fulltext: Download fulltextPDF;
9. Estimation of wrong flavor tag fraction and Δt resolution by B0 → J/ψK∗0(→ K+π−) mode at Belle II(in Japanese):(日本語原題)Belle II 実験におけるB0 → J/ψK∗0(→ K+π−)モードを用いたフレーバー誤認率とΔt 分解能の評価  / Aimi Kusudo ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-025] Presented on 10 02 2022 MSc
2022
Nara Women's University / Nara
B0 → J/ψK∗0(→ K+π−)モードのシミュレーション事象サンプルを用いて、フレーバータグ誤認率を調べ、effective tagging efficiencyを0.3220±0.0020と得た。分解能をtriple Gaussianで表現するモデルを用いてΔt分布をフィットして得たBメソン寿命は1.532 ± 0.004 psで、入力値と無矛盾であることから問題になるバイアスはないことを確かめた。
Fulltext: Download fulltextPDF;
10. Measurement of beam background at the Belle II electromagnetic calorimeter during 2021 operation (in Japanese):(日本語原題)Belle II 実験の2021年運転期間における電磁カロリメーターでのビームバックグラウンド測定 / Tsukasa Konno ; Kenkichi Miyabayashi [BELLE2-MTHESIS-2022-024] Presented on 10 02 2022 MSc
2022
Nara Women's University / Nara
Belle II実験の電磁カロリメーターでCsI(Tl)シンチレーターの発光を読み出すPIN-PD電流モニターのデータを解析し、2021年3月〜6月の運転期間中の放射線被曝はバレル部の前方で0.20 Gy~0.25 Gy、後方で0.33 Gy~0.39 Gy、後方エンドキャップ部の外側で0.40 Gy~0.55 Gy、内側で0.73 Gy~1.02 Gy と算出した。
Fulltext: Download fulltextPDF;

Belle II Document Server : 17 records found   1 - 10next  jump to record:
Interested in being notified about new results for this query?
Set up a personal email alert or subscribe to the RSS feed.
Haven't found what you were looking for? Try your search on other servers:
Kenkichi Miyabayashi in Amazon
Kenkichi Miyabayashi in CERN EDMS
Kenkichi Miyabayashi in CERN Indico
Kenkichi Miyabayashi in CERN Intranet
Kenkichi Miyabayashi in CiteSeer
Kenkichi Miyabayashi in Google Books
Kenkichi Miyabayashi in Google Scholar
Kenkichi Miyabayashi in Google Web
Kenkichi Miyabayashi in IEC
Kenkichi Miyabayashi in IHS
Kenkichi Miyabayashi in INSPEC
Kenkichi Miyabayashi in INSPIRE
Kenkichi Miyabayashi in ISO
Kenkichi Miyabayashi in KISS Books/Journals
Kenkichi Miyabayashi in KISS Preprints
Kenkichi Miyabayashi in NEBIS
Kenkichi Miyabayashi in SLAC Library Catalog
Kenkichi Miyabayashi in Scirus